昔ながらの紙袋の良さについて説明しています

紙袋といえば、基本は使い捨てで茶色が主流で、紙の独特な香りがし、水に弱くすぐに破れてしまい、さらに安っぽいというマイナスなイメージが強かったのではないでしょうか。しかし、最近ではカラフルで独特な香りもなく、頑丈な紙袋が増えてきました。環境問題から買い物の際にビニール袋は控えようという声が高まっており、その代わりに紙袋を利用するということも増えてきたようです。また、薄くて軽いので普段のカバンにいれておき、必要な時にサブバックとして使用しても、おしゃれに持つことができます。また、友人などにお土産や手作りのお菓子を渡したいときにもビニール袋に入れて渡すより、紙袋にいれた方がおしゃれさは増します。最近では、100円で種類が豊富でかわいい紙袋が購入できるため、若い女性に人気だといわれています。このように、最近では多方面に利用できるということで紙袋の人気は出てきています。

いつの間にかたまってしまう紙袋を使いながら手放す

結婚式に出席したり、百貨店などの買い物やお土産をもらったりしたときにもらう紙袋は「なにかに使うだろう」と取っておき、どんどんたまっていく人が多くいると思います。紙袋を無駄にせずに活用しながら手放す方法をいくつか紹介します。好きな高さまで四隅に切り込みをいれ、内側に織り込みます。そうすることで簡単にゴミ箱の代わりになり捨てる時も中身をみられることなく捨てることができます。また、おしゃれな紙袋で作成することで部屋のちょっとしたインテリアにもなります。また、冷蔵庫では野菜ストッカーとしても活用でき、野菜を分けて収納でき、また汚れたら捨てられるので冷蔵庫もきれいに保つことができ、便利です。さらには、紙袋を好きなサイズに切ってメモ用紙かわりに使用することもできます。紙でできているので、鉛筆やペンで記入することができるので、電話のそばやデスクでも役に立つでしょう。

紙袋をリメイクしておしゃれな見せるインテリアに

紙袋は、リメイクすることでおしゃれなインテリアにかわります。その方法をいくつか紹介します。まず、一番簡単なものはブランドなどの紙袋をフレームにいれて、壁に飾ることで部屋をおしゃれに飾ることができます。また、観賞用の植木鉢をいれることで、簡単に鉢カバーにもなります。さらに、紙袋をきれいに開き、サイズにあった大きさに切ることで、ブックカバーや、トイレットペーパーに巻き付けることで、トイレットペーパーカバーにもなります。また、好みの大きさの段ボールに柄のある紙袋をはりつけることで、お金をかけることなくカラーボックスをつくることができます。このように、簡単にリメイクするだけで自分オリジナルのインテリアをつくることができ、また飽きたら簡単に作り直すこともできるので、楽しみの一つになるでしょう。

創業43年「お客様のご要望を叶える」ことをモットーにお客様と共に歩んでまいりました。 オリジナルで高品質な紙袋を小ロット・短納期から対応いたします。 御見積フォームなら24時間いつでもお待ちしております。 「在庫お預かりサービス」ご注文頂いた商品を最長で6か月間、倉庫にてお預かりすることが可能です。 オリジナルオーダーバッグも作成いたします。(最小ロット500枚です) ご用途にあわせて各種紙袋をご用意しています!