どんな便利な紙袋の使い方があるのかを紹介しています

ショッピングをするとショップの人が商品を紙袋に入れてくれますが、ブランドものの紙袋は、それだけでサイトで販売されているぐらい商品になります。ショップも、紙袋は店名だけでなく、ショップのイメージを多くの人に感じてもらうことができるツールになることから、かなり力を入れてデザインされていることが多いのです。そんな紙袋、家にたくさん溜めこんでいるという人も少なくないでしょう。捨てるのはもったいなくなるようなオシャレな紙袋を、出勤や登校時にお弁当をいれているという人もいますが、他にはどんな使用方法があるのかみてみましょう。欲しい人に販売するという方法で、処理している人もいますが、もし紙袋が押し入れやクローゼットで眠っているのであれば使わない手はありません。早速、自分流で紙袋アレンジを楽しんでください。

キッチン収納を作ってみましょう

キッチンには調味料やお野菜、果物、といった見えないところに置くのではなく、すぐに使える場所、風通しのいい場所に置くものがいくつかあります。調味料の場合、容器から垂れてくるようなものだと、すぐに調味料の収納ケースが汚れてしまいます、そんな時、紙袋を使って収納ケースを作るのはどうでしょう。汚れたらすぐに取り換えることができますし、紙袋は調味料容器から垂れてきたものを吸い取ってくれるのでとても便利です。紙袋の口をくるくる外側に巻いて、調味料の容器の高さより少し低めぐらいまでの高さにしたら出来上がりです。簡単に作れます。そして、風通しのいい場所に置いたほうがいい野菜をそのまま、オシャレな紙袋に入れておくだけで、野菜ストッカーとして使用できます。通気性のいい紙袋の性質を生かした収納です。

厚紙を差し込んで強度を高めて取手をつけます

厚手の紙を用意して、紙袋の中にいれるだけでオシャレな収納に早変わりします。紙袋のサイズに合わせて、底、側面のすべてに厚紙を入れて、両面テープなどで固定してください。これで紙袋収納はしっかりと立ちます。紙袋のサイズに合わせて、文庫本やポケットティッシュの収納、中に更に厚紙で仕切りを作って領収書などを分別できるようにして、家計の管理にも活用できます。そして、その収納を持ち運びができるようにすれば、なお便利です。もともと紙袋についている取手は存在感がありすぎたり、逆に紙袋収納を立てておくと下に倒れてしまうので、合皮のテープなど張りのあるものを飾りピンを使用してサイドに取り付けるのもいいでしょう。軽いものを入れる収納であれば、カワイイリボンを取手のようにつけてもOKです。